杉森八幡社     豊川市赤坂町西縄手15番地
その起源は古く西暦702年とされ、寛和2年(986)の棟札が現存する。 祭神は天照大神、誉田別尊、大鷦鷯尊、息長足姫尊で、例祭日は10月第2日曜日。 明治5年に建造された 赤坂の舞台 (皿回し式回り舞台)は、常設の客席がない野外舞台で、平成10年6月1日 市の文化財 に指定され、平成12年に改修復元されている。  
毎年10月に行われる 大名行列  は、明治時代の初めごろ祭礼の余興として始まったもの。 そして、拝殿左手には樹齢1,000年と言われる「夫婦楠」 の巨木がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る

(1)

(2)

(3)

(4)拝殿の前には樹齢1,000年のクスノキの巨木が・・・・

(5)

(6)赤坂の舞台

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ