伊奈城趾(上嶋城)趾・伊奈城趾公園  豊川市伊奈町柳38
永享12年(1440年)頃、本多定忠 が伊奈村を平定し築いたもの。 この城の城門は、御津町 仲仙寺 の山門として現存している。
天正18年(1590年)本多康俊が徳川家康の関東移封に従って関東下総国小篠へ移るまでの8代、約150年間伊奈本多氏の居城となる。  本多家の墓所は、初代から五代までが東漸寺 に、六代から七代までがお松見 にある。  平成 9年(1997年) 3月 3日  市指定史跡
     (初代:本多定忠 二代:定助 三代:正時 四代:正助 五代:正忠 六代:忠俊 七代:忠次 八代:康俊)
10月の十三夜の日には、本田氏を偲ぶ月見の宴 が行われる。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年04月03日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)写真をクリックすると拡大表示されます

(7)写真をクリックすると拡大表示されます

(8)写真をクリックすると拡大表示されます

(9)初代から五代までが東漸寺にあり

(10)六代から七代までがお松見にある

(11)秋には月見の宴が催される

(12)徳川家、葵の紋発祥の地:花ヶ池公園

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ