久保田城跡     豊川市御津町上佐脇西区75
築城年、築城者は不明。
南北朝時代より、鷹子天王社神主の子孫久保田氏が居城として築き、慶長年間(1596~1615)頃は久保田屋敷と呼ばれたという。
その後、南北朝時代が終結すると久保田氏は帰農して繁栄したといわれている。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
  

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ