巨勢陣屋(長沢陣屋)跡   豊川市長沢町山崎
天明2年(1782年)、五千石の旗本・巨勢氏が宝樹院 の東側一帯に構えた陣屋。
明治維新のとき領地を返上して、陣屋の建物の一部はここより北西にある 立信寺 の庫裏として移築されている。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年07月19日撮影 】

(1)

(2)左奥に見える道路は国道1号線

(3)

(4)

(5)この奥は東名高速道路

(6)立信寺の庫裏

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ