長沢城(長沢古城)跡  豊川市長沢町古城
長禄2年(1458年)、松平宗家3代信光の子 松平親則 が築き、岡崎市岩津より移り住み、長沢松平家の祖となる。
7代政忠は「桶狭間の戦い」で討死。8代康忠は家康の妹矢田姫を妻とし、その後、「長篠の戦い」、「小牧、長久手の戦い」、「小田原城攻め」に参戦し、天正18年(1590年)家康関東移封に伴い、武蔵国へ下る。
現在は国道一号線、名鉄電車によって分断され、城址の面影はない。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2018年01月21日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)国道の反対側、長沢小学校の脇(場所はココ

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ