城の腰城跡     豊川市萩町二反田 このページを印刷
永禄年間(1558~1570年)、作手 亀山城 主奥平氏の一族である萩城奥平周防守勝次が標高84m、比高6mの丘陵地に築城。
1575年の「長篠の戦い」の時、勝次は長篠城 主奥平信昌と共に長篠城に籠城して戦功を挙げるが、その後、七代正俊で断絶となる。
奥平周防守の墓は、善住寺 にある。
東三河の城跡 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2005年09月13日撮影 】

(1)赤坂町から来ると左手に標柱がある

(2)

(3)ここを右上に上って行く(赤坂の方から来ると左鋭角に曲がる)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ