「黒部の太陽」記念石  豊川市穂ノ原2丁目
昭和42年(1967年)9月から11月の3ヶ月間、三船敏郎・石原裕次郎主演で黒部ダム建設の物語を描いた映画「黒部の太陽」のロケが、穂ノ原にある熊谷組(現在のテクノス株式会社)で行われた。当時、黒部ダムは大変話題になり、わざわざ見に行った人も多かったはず・・・
黒四ダム建設当時と同じトンネルを造り、その時にセットで使われた石の一つが、テクノス株式会社の門を入ってすぐ左手に展示されている。 豊川工場は熊谷組で使用する大型の建設機材や資材が豊富にあっことから、ここで撮影が行われたのではないかという。 
   熊谷組のホームページに、「黒部の太陽」のことが記載されています。 
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2017年1月20日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ