御馬湊・附御城米積立場跡     豊川市御津町御馬東
現在の御馬漁港は、江戸時代には御馬湊と呼ばれていて、江戸時代には三州五港(蒲郡市:犬飼湊、碧南市:大浜湊、碧南市:鷲塚湊、西尾市:平坂湊、豊川市(旧御津町):御馬湊)の一つに数えられ、東三河の天領から上納される年貢米を江戸に送る積出港となっていたという。
 昭和45年 (1970年)  3月19日   市指定史跡
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年02月09日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8) 8月には、湊前の広場で、笹踊り・七福神踊りが行われる

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ