玉林寺のクス  豊川市麻生田町松原26
曹洞宗の寺院で、山号は常春山、本尊は釈迦牟尼仏、東三新四国八十八ヶ所2番霊場
山門を入ると幹周 8.63m、根周 19.3m、樹高 20m に及ぶ大クスが枝を広げている。樹冠の広がりは18mもあり、樹齢600年以上という。 玉林寺が建てられたのが延徳3年(1491年)だから、その前から大きな樟としてそびえていたことになる。    市指定天然記念物
春から初夏にかけて黄白色の小さな花を付け、9月頃には小さな実が生り、その後で黒色に熟す。
秋になると、山門東側で イチョウの黄葉 が楽しめる。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年09月21日更新 】

(1)山門の背後にデッカイ楠が・・・・・

(2)

(3)いつの間にか?石柱が出来ていた…(2018年9月15日撮影)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)人間がこんなに小さい!

(11)

(12)
初夏には黄白色の小さな花を付ける【 2019年5月12日撮影 】

(13)

(14)

(15)

(16)
秋には小さな実をいっぱい付ける【 2018年9月15日撮影 】

(17)

(18)

(19)

(20)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ