浄泉寺とソテツ  豊川市赤坂町西裏88
浄土宗の寺院で、山号は玉清山、本尊は阿弥陀如来、東三河二十四薬師6番霊場で、石造りの三十三観音が有名。
安永5年(1776)に再建された本堂に阿弥陀如来が安置され、境内には広重の東海道五十三次に描かれたソテツが残るが、元は 旅籠大橋屋 にあった木を移植したものとか・・・。 そして、この蘇鉄は夏になると雄花が咲く。
蘇鉄の前には大きな イチョウの木 があり、秋になると黄葉が楽しめる。
そして、裏の墓地には珍しい 刑死者の墓 がある。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2017年01月13日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)薬師堂

(5)石像百観音(西国33、坂東33、秩父34観音)

(6)広重の東海道五十三次に描かれたといわれるソテツ

(7)

(8)夏には雄花が咲く

(9)写真をクリックすると拡大表示されます

(10)墓地には刑死者の墓がある
(2017年1月13日撮影)

(11)墓地には赤坂代官の墓もある
(2019年1月17日撮影)

(12)秋にはイチョウの黄葉も楽しめる

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ