東林寺・飯盛女の墓  豊川市御油町今斉28 このページを印刷
浄土宗の寺院で、山号は招賢山、三河准四国八十八ヶ所50番霊場東三新四国八十八ヶ所70番霊場穂の国三十三観音23番霊場
室町時代中頃の永享年間(1429~1441)に瀧月日蔵和尚によって創建されたという。 本尊の阿弥陀如来は、牛若丸と契りを結んだ浄瑠璃姫の念持仏と言い伝えられている。
三河の領主であった徳川家康も2回立ち寄った所で、 本堂左手の墓地の中には御油宿場の繁栄の陰で働いていた 飯盛女たちの墓 がひっそりと祀られている。  また、清海寺 と共に、「 トウレンジじょうな」の昔ばなしが伝えられている。
東三河の寺院  東三河の墓碑 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年08月21日更新 】

(1)

(2)

(3) 2019年9月に訪れたら、本堂が新しくなっていた~

(4)

(5)

(6)

(7)飯盛女たちの墓

(8)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ