・新野峠   豊根村坂宇場
東三河最北端にある標高1,060mの峠で、長野県との県境になる。
戦国時代にはこの峠以北が武田信玄の領土で、以南が今川義元や徳川家康の領土だった。
そして、江戸時代になると遠州灘沿岸の塩が、この峠を通って塩尻の宿まで運ばれたという。
それにしても、豊川市の我が家からは遠い
東三河の峠 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年11月27日撮影 】

(1)豊根村から長野県阿南町に向かう

(2)標高1,060mの峠

(3)長野県の県境標識はカラーだけど・・・

(4)

(5)長野県阿南町から豊根村に向かう

(6)愛知県の県境標識はブルー一色・・・

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ