海倉淵  新城市一鍬田字西浦7
県道69号豊橋乗本線から豊川に架かる海倉橋がある。
ここは牟呂松原頭首工で、豊川を堰止めて、牟呂松原幹線水路へ取水する取入れ口として平成6年9月に竣工。
かいくら淵はこの堰堤に架けられた橋の上から眺めることができ、竜宮に続いているといわれ、様々な伝説が生まれている。
伝説「かいらく淵」 はココをクリック。
また、海倉渕は豊栄の 大洞山竜泉院 の龍神池とつながっているとも伝えられている。
頭首工 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年12月24日撮影 】

(1)

(2)

(3) 橋の欄干の両脇には「かいくら橋」の伝説を表す像がある。

(4) これは、伝説の中のお椀を表しているのか?

(5)

(6)

(7) 海倉渕は大洞山竜泉院の龍神池とつながっているという

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ