作手守義地区のマムシグサ(蝮草) 新城市作手守義 このページを印刷
4月~5月、県道35号岡崎設楽線、作手守義地区の道路際で、マムシグサが群生している。
ウラシマソウと違って、花(苞)も葉も同じ色をしているので、車を走らせている状態で見つけるのは難しい・・・葉に特徴があるので、葉を見つけたら、車を近くに停めて、ゆっくり見つけてみよう。この辺りでは、アチコチで見ることができる。
東三河の花めぐり 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年05月23日撮影 】

(1)県道35号岡崎設楽線の道路際に自生している

(2)正に群生!

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ