長篠橋  新城市大海黒瀬29
国道151号の豊川に架かる橋は長篠大橋で、今では、豊川方面から国道151号で鳳来町、東栄町、豊根村に向かうには必ず通る橋。
しかし、長篠大橋が出来るまでは、この長篠橋が長篠の玄関口だったという。
大正4年に架けられた最初の橋は木製の吊橋で、昭和9年に現在の橋となったが、今では、その存在感も失われてきている。
この橋を渡って大海の信号に向かうと、信号の手前・伊那街道に 大海の道標 があり、これも同じ年に建てられている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2018年06月29日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)橋より上流を望む

(6)橋より下流を望む

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ