城藪稲荷  新城市長篠字大通寺山
長篠城鎮守の稲荷のお使いであった ” おとら狐 ” を祀る。

元々は 長篠城址 に祀られてあったが、長篠城址が文化財として保全されるにあたり、平成18年に 大通寺 境内に移転、安置された。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)ここをクリックすると拡大表示されます
移転される前の城藪稲荷跡は、長篠城址の南東角にある

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ


無断で写真・地図の複製を禁じます