杉山端城跡  新城市杉山字端城
永禄5年(1562年)、菅沼定忠 が築城。
天正3年(1575年)の 長篠の戦い 後、長篠城奥平信昌新城城 を築いた時にその支配下に置かれた。
正保2年(1645年)、水野氏の上州移転により、廃城となる。 
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年09月11日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ