馬場美濃守信房戦死の地  新城市出沢 このページを印刷
馬場美濃守 は、天正3(1575)年 設楽原の戦い の橋詰殿戦で、「ふぢう道」を通って敗走する主君武田勝頼 を助けながら勇敢に戦い、勝頼が無事に豊川を越えて落ち延びていくのを見届けた後、石碑のそばにある 「緒巻桜」 の下で、原田直政(塙直政)の家臣・河井三十郎に自ら首を差し出し戦死した。
馬場信房の首を埋めたという墓長篠城 近くにある。
長篠・設楽原の戦い 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
  

(1)標識は道路沿いにある

(2)

(3)

(4)

(5)標識の所から少し北上すると、左手にこの登り口がある

(6)今では登り口にこの標識がある。【 2016年8月4日撮影 】

(7)ここを進むと

(8)右手にふぢう桜の石柱があり

(9)その上の方に

(10)馬場美濃守討死之地の石柱がある

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ