松平伊忠(これただ)戦死の地  新城市有海字作神
天正3年(1575年) 長篠設楽原の戦いでは 織田信長 の命を受けた 酒井忠次 軍の一翼を担い、鳶ヶ巣山を攻めて 武田信玄 の弟信実を討ち取ったが、深追いしすぎて前線に出過ぎたために、退却する武田軍の小山田昌行の兵5百から猛反撃を受け戦死、織田・徳川連合軍の中の城主級の武将でただ一人の戦死者となる。 享年39歳。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年10月12日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ