鈴木金七誕生の地  新城市富永字上野
鳥居強右衛門 は、物慣れた地元の武士で水練達者な鈴木金七と二人で、天正3年(1575)5月18日深夜、川中の 鳴子網 を潜って長篠城 を脱出し、翌19日、岡崎の織田・徳川連合軍に救援を求めに向かった。 鳥居強右衛門は長篠城に戻る途中で捕えられ磔死するが、鈴木金七は戻らずに岡崎に留まったらしい。
その後、武士をやめて作手村田代に帰農したが、作手亀山城主となった松平忠明 は金七を訪ね、二百石の禄を与えて往年の労をねぎらったとか・・・。  鈴木金七の墓 は作手の田代地区にある。   つくで百話「 鈴木金七郎重正
 鳥居強右衛門  松平忠明 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年05月27日更新 】

(1) ここを入るが、今は入口の看板は無い

(2)

(3)

(4)写真をクリックすると拡大表示されます

(5)鳴子網を潜って長篠城を脱出

(6) 鈴木金七の墓は作手の田代地区にある。

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ