鳶ヶ巣山砦(武田信実陣地)  新城市乗本鳶ケ巣
天正3年(1575年)長篠・設楽ヶ原の戦い において、武田軍は 長篠城 包囲のために、君ヶ伏床砦姥ヶ懐砦、鳶ヶ巣山砦、中山砦、久間山砦)の5つの砦を築き、鳶ヶ巣山砦はその中の1つ。
砦には信玄の弟の武田信実、小宮山信近ら1千が構えたが、酒井忠次率いる織田・徳川連合軍の奇襲に合い、武田軍の包囲網は崩壊、信実他多くが討死して砦は落城。 また、この場所には長篠の合戦時からあるといわれる「天正の杉」 の枯れ果てた姿が残っている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)入口はこれが目安

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8) 写真をクリックすると、拡大表示されます

(9)

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ