望月街道と金石亦透の碑(望月喜平治頌徳)   新城市長篠施所橋
望月喜平治 は、明治10年(1877年)から明治19年(1886年)まで9年の歳月と私費を投じて、長篠字岩代付近から川合まで、約13.7kmの望月街道を開設した人物。
今の 望月街道 は軽自動車までしか通行できない部分もあるが、当時は荷車が通れれば充分! この望月街道の開通記念として建てられたのが、施所橋の東側にある頌徳碑だが、残念ながら文字は読み取れない・・・・・ 2020年11月11日には、説明版が設置されていたのが確認できたが、説明版によって「金石亦」と「金石亦」の2通りの表現がされている・・・・・
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2018年02月04日撮影 】

(1)国道151号の施所橋

(2)

(3)望月街道の施所橋

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)頌徳碑

(10)でも、読み取れない~
2020年11月11日には、説明版が設置されていた~ でも、「金石亦透」と「金石亦通」の2通りの表現が・・・

(11)

(12)

(13)

(14)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ