ささやきの小径  新城市能登瀬上谷平
湯谷温泉宇連川 に沿って散策できる遊歩道。 
宇連川のすぐ横、川面と同じ位の高さ(或いはチョッと低いかな?)を歩く為、湯谷の大滝板敷川 を見下ろすような感じで結構、迫力がある。 しかし、散策路の手入れはされておらず、落ち葉が積もり、径は湿って、歩行には気を使う。
 湯谷温泉大駐車場に車を停めて、西端の階段を下りて浮石橋 の手前から「ささやきの小径」 を歩くと、駐車場の東端に出て一周する事ができる。
東三河の自然 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年12月13日撮影 】

(1)湯谷温泉大駐車場の西端から浮石橋のすぐ横の・・・

(2)ここを下に降りる。

(3)落ち葉に足を捕られないように・・・・

(4)無名の滝を眺め・・・・

(5)岩の間をぬって・・・・

(6)

(7)湯谷大滝の滝つぼを上から眺める。

(8)頭上に注意!

(9)湯谷大滝の上はこんな感じになっている。

(10)雨上がりの日はぬかるみに注意!

(11)向こうに見える橋は「渡瀬橋」。
右に見える白いガードレールの所を上がる。

(12)ここを上がる。
石段は落ち葉で滑りそう・・・・  注意 注意

(13)季節が合えば紅葉が楽しめるかも・・・・・

(14)2018年12月24日、落葉の絨毯の上を歩く・・・・・

(15)黄と赤の道

(16)

(17)

(18)湯谷温泉大駐車場の東端に出る。

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ