高橋と水神淵  新城市作手高松
県道435号作手保永海老線を北上し、川手バス停を過ぎると巴川に架かる高橋を渡る。これを過ぎるとすぐに 磯丸歌碑のある島川橋 があるが、この高橋と島川橋の間に水神淵があり、この淵には つくで百話「 水神淵の主」の話が伝わっている。
島川橋の手前にガードレールの切れた所があり、ここから川縁に行くことができるが、淵に近づくことは難しい。写真は島川橋の上から上流を望み、望遠で撮影したもの。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年03月14日撮影 】

(1)高橋

(2)

(3)

(4)

(5)高橋から100m下流に

(6)水神淵がある

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ