東陽小学校のカヤ・永明庵跡  新城市大野字小林70
東陽小学校の玄関の前に立つカヤの大木で、樹齢は数百年、明治初年に廃寺となった永明庵の境内にあった巨木で、東陽小学校となった今もここに残っている。
この木の脇には、二宮金次郎像 がある。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年05月25日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ