大善寺・亀姫の墓  新城市西入船22
大善寺は浄土宗の寺院で、山号は宝乗山、法然上人三河二十五霊場第8番札所。 天文元年(1532)、田峯城菅沼定継が大膳庵を建てたのがはじまりという。
墓地には徳川家康の長女であり、新城城奥平信昌の妻でもある亀姫(生母は築山御前)の墓がある。 大善寺は亀姫が開基となったため、江戸時代から葵の紋の使用が許されて、現在でも山門や、土塀に葵の紋を見ることができる。
また、「新城昔ばなし」にある「六人仏」の墓や、境内には「南無阿弥陀仏」と書かれた徳本上人の名号碑がある。
  菅沼定継 奥平信昌 亀姫 築山御前  徳本上人 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
  

(1)

(2)

(3)  写真をクリックすると拡大表示されます

(4)

(5)

(6)亀姫の墓

(7)葵の紋

(8)

(9) 徳本上人名号碑

(10)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ