・本光寺跡・黒田学校跡・楠木神社  新城市黒田杉下10 このページを印刷
県道443号富岡大海線を北上し、諏訪神社 を過ぎてから200m程進むと、右前方に広場のような所があり、入口には「自然と先祖」と書かれた石碑がある。ここを入ると、” 本光寺跡の碑 ” と” 黒田学校之跡 ” の石柱があり、更に、その奥には ” 阿弥陀如来堂 ”、そして、左奥には ” 墓地 ” や ” 塞の神 ”、” 庚申塚 ”、” 楠木神社 ” 等々、沢山の神仏が祀られている。
本光寺は曹洞宗の寺院で、黒田学校は本光寺が開いた学校だったという。 その後、昭和43年に宝昌院に合併し解散、その跡地がここに残っている。
東三河の寺院  東三河の神社  東三河の廃校跡 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2019年08月09日撮影 】

(1)前方の矢印の所にある

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)楠木神社

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ