佐々木味津三生家  北設楽郡設楽町津具字見出
佐々木味津三(本名:光三)は 明治29年(1896年)3月18日 、津具で酒の醸造や米味噌醤油などを扱う商家の三男として誕生。
現在の愛知県立旭丘高等学校、明治大学を経て文壇入り、「右門捕物帳」、「旗本退屈男」などの代表作を残し、昭和9年(1934年)2月6日、急性肺炎により37歳で没。
その時の生家が下津具に残っているが、現在は無人とのこと。 軒下には「塩小売店」の看板や、「佐々木歯科医院」の看板もある。
佐々木味津三の像は津具支所の横にあり、経歴、遺品、業績等は 津具文化資料展示センター で展示紹介されている。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年08月29日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)
佐々木味津三の像は、津具支所の横にある

(5)津具村偉人7名の像

(6)佐々木味津三

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ