巌嶽(いわたけ)神社  北設楽郡設楽町清崎字入1-2
文応元年(1260年)「岩竹大明神」として創建され、明治元年に「巌嶽神社」に改称したという。
祭神は木花開耶姫命(このはなさくやびめのみこと)、誉田別命(ほむだわけのみこと)、白山比咋命(しらやまひめのみこと)で、例祭日の10月10日前の土曜日午後7時30分から行われる小代の子供三番叟(さんばそう)は、 町指定文化財 になっている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年02月23日撮影 】

(1)上り坂の途中、遠方に鳥居と社殿の赤い屋根が見える。

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ