天狗棚展望台・富士見台・石の広場  北設楽郡設楽町津具字高笹
面ノ木第3園地入口の駐車場に車を停めて、標高1,200mの天狗棚にある展望台を目指す。 
15分程で木製の鳥居があるが、そこに書かれた文字が「天伯神社」の様にも見えるが、正しくは読み取れない・・・ 鳥居を過ぎた後は、急勾配の鉄製の階段を登らなければならないが、これがかなりキツイ! 
この階段を登り詰めると展望広場があり、ここが「天狗棚展望台」で、津具の町並みが一望できる絶景ポイント。 その傍には祠が祀られているが、これが天伯神社か? そしてその上には国常立尊(くにとこたちのみこと)の祠も建立されている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2016年06月11日撮影 】

(1)今回は富士見台 → 天狗棚展望台 → 石の広場を巡る

(2) ここに車を停めて・・・・

(3)この道を進む

(4)すぐに富士見台に着くが・・・・

(5)更に奥に進んで、ここを左に入る。

(6)右へ行っても、左に行ってもいいようなので・・・

(7)ここを右に進む

(8)

(9)木製の鳥居があるが・・・

(10)天伯神社か? 読み取れない・・・・ 

(11)鳥居をくぐると、急な鉄製の石段を上る

(12)

(13)

(14)石段は更に続くが・・・

(15)所々錆びてボロボロ・・・・念のため、段を飛び越して進む

(16)石段を登り詰めると展望広場が待っている

(17)ここは天狗棚展望台

(18)傍には祠があるが、これが神社か?

(19)その上には「国常立尊」の石碑がある。

(20)展望広場から津具の町並みを見下ろす

(21)

(22)帰りには、ここを右に下りると・・・

(23)石の広場

(24)石の広場では、小天狗たちが修行に励んでいたという

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ