黒倉田楽(くろぐらでんがく)  北設楽郡設楽町平山字釜ノ沢4番 1968年(昭和43年)2月1日、 町指定無形文化財
設楽町平山地区の黒倉神社(小鷹明神)で奉納される田楽は、五穀豊穣を祈念して400年来伝承されている芸能で、禰宜が大祓い3巻を読む「大祓い」から「獅子と駒」まで27番にわたる演目がある。 大祓、神歌、田遊び行事など22番は堂内で行われるが、アマチュアカメラマンが前を取り囲み、前庭の観客は中の様子を覗うことが出来ない・・・・
田楽は、2月第3日曜日、午後1時頃から始まり3時頃に終了するが、始まる前は地域のお母さんたちが 「おにぎり」や漬物、温かい「すいとん」などで接待してくれて空腹と冷えた体を温めてくれる。  おいしかった・・・・ 御馳走さまでした。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年02月19日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

PHOTO-15

PHOTO-16

PHOTO-17

PHOTO-18

PHOTO-19

PHOTO-20

PHOTO-21

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ