福田寺のイヌグス   北設楽郡設楽町田口字玉ノ木
イヌグスは、別名 タブノキといい、5月頃に黄緑色で目立たない花を咲かせ、8-9月頃には球形で紫黒い果実が熟す。
2本の幹からなり、幹周 2.54mと1.85m、樹高 14mで、山深い内陸部にあることが珍しく、昭和31年(1956年)5月18日に 県指定天然記念物 となっている。
福田寺」と名がついているが、寺の境内に立つのではなく、旧役場の右手を上がって行った右側にある。 昔はここまでが寺域だったのか?
2015年5月8日 に訪れたら、黄緑色の小さな花が咲いていた・・・・・ やっと出会えた~・・・・・
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2012年3月13日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)
2015年5月8日 黄緑色の小さな花が咲いていた・・・・・

(11)

(12)

(13)

(14) 2017年9月8日 小さな実が生っていた。

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ