添沢のヌマスギ(別名:ラクウショウ) 北設楽郡設楽町田口添沢14 1976年8月1日、 町指定天然記念物
添沢温泉 の奥にそびえ、樹高 26m、幹回り 3.2m、根周り 3.9mで、ヌマスギとしては愛知県内でも最大級のもの。

やがてダムの底に沈む運命にあるため、2014年1月31日、再び訪れてみた。 かっての面影は全く無く、添沢天満宮と共に、荒野の中にポツンと一本だけが取り残されていた。
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2010年06月25日撮影 】

(1)かっては鬱蒼とした木々に囲まれていた

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)
添沢温泉 の建物は取り払われて、老木だけが取り残されている 【 2014年1月31日撮影 】

(7)左は添沢天満宮、右がヌマスギ

(8)やがてダムの底に沈む運命に・・・

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ