八人塚   田原市大久保町西山
むかし、ここに応仁の乱で憤死した8人の武士の霊魂が宿った松の木があったという。ところが、慶応年間の 長興寺 建立の時、この木を伐り用材としたところ、大工の棟梁を始め、関係した者は悉く熱病にかかってしまった。 そこで、八人塚の石碑を作って、一層手厚く供養したという。
          田原の伝説「 八人塚
以前は、鬱蒼とした茂みの中にあったようだが、今は、アパートや住宅が出来たため、その面影はない。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年10月04日撮影 】

(1) 右の木の根元にある

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ