三島神社と和地城跡  田原市和地町上大道11-1
三島神社の創建は大治3年(1128年)という。 祭神は大山祗命(おおやまつみのみこと)、積羽八重事代主命(つみはやえことしろぬしのみこと)、阿波咩命(あわのめのみこと)、伊古奈比咩命(いこなひめのみこと)で、例祭日は10月第3日曜日。
境内には、たはらの巨木・名木100選 に選ばれている カゴノキケヤキクロガネモチ 木があり、鳥居の脇には百度石がある。
神社の西に接する地域は、戸田尊次が築いた和地城跡で遺構はないが、「 和地城内鶏の宵鳴き」の伝説が残っている。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年07月09日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)末社

(10)

(11)天神地祗遥拝所

(12)境内には名木のカゴノキとケヤキがある
鳥居の脇に百度石がある 【 2022年2月11日撮影 】

(13)

(14)
和地城趾周辺を撮影【 2019年10月30日撮影 】

(15)和地城跡の神社周辺には温室が建ち並ぶ

(16)西側から神社の杜を望む

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ


無断で写真・地図の複製を禁じます