五十鈴川と桜橋    田原市仁崎町大湯
県道2号豊橋渥美線の仁崎地区、浜田橋西の信号から南に五十鈴川が流れている。
五十鈴川に沿って南下するとすぐに桜橋があり、その東側には神明社が鎮座している。
この五十鈴川には、伊勢の五十鈴川と同じ名前を付けてくれたという「やまと姫の命」の話が伝わっている。
    「もと」ばあちゃんのおはなし「 やまと姫の命の旅

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年01月11日撮影 】

(1)桜橋

(2)

(3)

(4)

(5)桜橋から上流を見る

(6)下流には浜田橋があり、その向こうは海

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ