日出の石門(ひいのせきもん)と片浜十三里  田原市日出町
太平洋の怒濤の浸食により、中央部が洞窟となった石門は、沖の石門、崖の石門と2つあリ、日の出の時には美しいシルエットを見せてくれる。
西に神島 を経て志摩半島を望み、東に日出の石門から浜名湖まで約70Km、延々と続く白い砂浜の片浜十三里を眺め渡す雄大な風景で知られている。
日出の石門を見下ろす場所には、「椰子の実」記念碑 がある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ