(はたけ)神社のイチョウ  田原市福江町宮ノ脇13
畠神社の創建は明らかでない。 祭神は経津主神(ふつぬしのかみ)、天津彦根命(あまつひこねのみこと)、活津彦根命(いくつひこねのむみこと)、熊野樟日命(くまのくすびのみこと)、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)、田心姫命(たこりびめのみこと)、水速女命(みずはやめのみこと)、天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)等々で、例祭日は10月14日。
二の鳥居横にあるイチョウの木は、幹周り 約3.2m、樹高 24.5m、推定樹齢 200年の巨木で、たはらの巨木・名木100選(83) に選ばれている。  
東三河の花めぐり このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年09月05日更新 】

(1)鳥居の辺りはイチョウの落ち葉が・・

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ