白山比咩(しらやまひめ)神社のタブノキ②  田原市越戸町大山955
白山比咩神社の創建は天正2年(1574年)正月26日、加賀国白山比咩神社より勧請したという。 伊弉册尊、伊弉諾尊、大己貴尊(おおなむちのみこと)を祭神ととし、9月28日が例祭日。
神社の入り口、鳥居に向かって左手に、樹高 7m、幹周 4.2cm、推定樹齢 200年以上で、たはらしの巨木・名木100選(60) に選ばれているタブノキ(別名 イヌグス)がある。 幹の上部が折れているのは、昭和34年(1959年)9月26日 の伊勢湾台風によるものだという。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年09月19日撮影 】

(1)

(2)社殿までは長~い石段が続く。

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ