与良木峠と、よらき地蔵  北設楽郡東栄町奈根ヨラキ
東栄町本郷から国道151号線を南下し、新本郷トンネル の手前で左に入るとすぐ右手に舗装された林道がある。この林道を300m程進むと鋭いヘアピンカーブがあり、更に峠を目指す。600m程進むと第2のヘアピンカーブがあり、ここを制覇して木立の中を更に600m程進むと道は左に急カーブするが、そこに、注意していないと見落としてしまいそうな、右に入る荒れた道がある。 ここに獣道のような道が確認できるが、これが旧道か? この道を登って行くとすぐにお地蔵様が出迎えてくれた。 ここが、標高405mの与良木峠で、出迎えてくれたお地蔵様が「よらき地蔵」。ここを通って武田勝頼が甲州迄逃れて行ったとは・・・絶句! 昔の人はすごい!!    東栄の民話「 よらきの地蔵様
東三河の峠  東三河の道祖神 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2019年06月25日撮影 】

(1)トンネルの手前から、この林道をひたすら進む

(2)第1のヘアピンカーブを曲がる

(3)対向車が来たらすれ違う余裕はない

(4)ハンドル操作を間違えれば、忽ち奈落の底へ転落・・・

(5)更に600mほど進んで・・・

(6)第2のヘアピンカーブを曲がる

(7)舗装道路で良かった (^^♪

(8)更に600mほど進むと・・・

(9)左カーブの地面に林道東山線の標識がある

(10)今来た道を振り返るとこんな感じ・・・

(11)カーブの手前からこの道を徒歩で上ると、

(12)眼下に、今来た林道を望む

(13)すると、前方には石仏がお出迎え

(14)右が丸い顔したよらき地蔵様・・・初めてお目にかかります。

(15)

(16)残念ながら、チョッと読み取れない・・・(>_<)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ