大弘法堂の石仏  豊橋市花田町百北175
大正年間、栄泉 のほとりに大弘法堂が建立され、その周りに沢山の石仏が祀られたけど、栄泉社と同様、昭和15年(1940年)に県道が開設されたことによって取り壊され、今の場所に移されたという。 ( 歴史散策マップより )
国道23号の荒木の信号を南下して3つ目の交差点(花田町のムクの木 へ行く未舗装の細い道を入れると4本目)を右に入ると、すぐ前方に沢山の石仏を見ることができる。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年03月20日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ