抱ノ木の庚申堂     豊橋市小島町抱ノ木
国道42号表浜街道の小島の信号から南へ、海岸に向かって細い道を下って行くと、遠州灘を見下ろす丘に小島公園がある。眺望は開けていないが、この時期、公園の手前の道には椎の実がビッシリ落ちている! 今、これを拾って食べる人は居ないんだ・・・
この公園の手前、右手の林の中にポツンと祠が建っており、この中に、金比羅さまと庚申さまが祀られている。
地曳網が盛んだった頃、豊漁の時は漁師が海水に身を清めて素裸で魚を入れた「かがみ」を担いで走り寄り、この金比羅さまに供えてお礼参りをしたという。(「ふるさと豊橋」より)
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2014年05月21日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)道には椎の実がビッシリ落ちている・・・

(5)

(6)

(7)金比羅さま。でも、祠の中は空っぽ!

(8)庚申さま

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ