夏みかん並木     豊橋市牛川薬師町
昭和35年(1960年)、時の青陵中学校  太田昭宏生徒会長(第18・19代 国土交通大臣、第2代 公明党代表)の提案で、交通量の多い県道に 「夏みかん並木」 が企画され、翌 昭和36年(1961年)、青陵中学校の東側を通る県道31号に夏みかんの苗木が植樹されたのが始まり。
以後、生徒たちの手によって並木の世話が続けられいるという。
写真-6の説明板は、東田小学校 の西北角、県道31号に沿った道沿いにある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年01月05日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ