10等級 稲荷神社(谷洞稲荷)     豊橋市大崎町広沢44
元禄13年(1700年)2月19日、山城国、伏見稲荷神社より分霊をうけて祀ったのが始まりという。
祭神は倉稲魂命(うかのみたまのみかた)、保食神(うけもちのかみ)、稚産霊神(わくむすひのかみ)で、例祭日は11月第4日曜日。
国道259号の豊橋バイパス大崎ICから渥美方面に向かうと、大崎町広沢交差点の北側に鎮座し、赤い鳥居が目に飛び込んでくる。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年05月11日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ