御嶽社・東田古墳・影山庄平翁之碑   豊橋市御園町5-3
東田神明宮 の西50m程の所にある5世紀頃に造られた前方後円墳で、全長40m、前方部幅16m、高さ4m、後円部径20m、高さ3m。
現在は、墳丘の上に御嶽社が建っているが、この社造営の時に、鏡と直刀が出土したという。
御嶽社の境内に蛇神様のお堂があるが、これは、「昔ある人が山へ薪を取りに行ったところ、足の上を蛇が横切って行った。とたんにその人は歩けなくなってしまった。これは、山の神の使いに違いないと思い、家に帰り小さな祠を作りお祀りした。(ふるさと豊橋より)」という。
また、境内には影山庄平 翁之碑もある。
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年03月03日撮影 】

(1)

(2)

(3)写真をクリックすると拡大表示されます

(4)墳丘の上に御嶽社が建っている

(5)

(6)

(7)

(8)蛇神様のお堂

(9)影山庄平翁之碑 【 2020年12月12日撮影 】

(10)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ