(ひる)観音   豊橋市前田町1丁目
新中世古橋が架かる牟呂用水は、昔は蛭(ひーる)川と呼ぶ小川だったという。
蛭が多くいたため蛭川と呼ばれ、蛭の害を治めてもらうために祀られたのが、この蛭観音だという。(ふるさと豊橋 より)
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2021年02月28日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ