乗小路(のりこうじ)    豊橋市牛川町字乗小路
乗小路峠は県道31号東三河環状線・乗小路トンネルの真上を通る旧鎌倉街道で、建久元年(1190年)に源頼朝が京都に上洛する時に通ったという。この2年後に鎌倉幕府が開かれたことになる。
乗小路トンネル北の信号から一本西の道を南に下ると、住宅地の端で通行止めとなる。 ここから徒歩で「鎌倉街道山道北口」を進むと、すぐに「旧鎌倉街道」の案内標識がある。後はひたすら峠を目指すのみ! 10分程で峠に達するが、途中、倒木に道を阻まれるが、何とか、横を通り抜けることが出来る。
東三河の峠 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 【 2019年01月07日撮影 】

(1)牛川町側入口。ここから徒歩で進む

(2)

(3)

(4)

(5)だんだん山の中に入って行く感じ…

(6)源頼朝はこの道を通って京都に上洛…

(7)先が明るくなってきた!

(8)根こそぎ倒れている木の横をすり抜ける

(9)峠に到着

(10)この先は赤岩方面へ

(11)赤岩方面から峠を見る

(12)

(13)
(14)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ