佐脇刀祢太夫の墓・行者堂  豊川市御津町下佐脇市場35
佐脇城 最後の城主である 佐脇刀祢太夫(さわきとねだゆう)は、奥平貞昌 の与力として 長篠・設楽原の戦い に参戦して戦死した。 墓は五輪石の様式で、行者堂(地元では「行者様」として親しまれている)の横に置かれている。    市指定史跡
佐脇刀祢太夫邸(青津村城) の跡 は、田原市神戸町にあるが、豊川市御津町と田原市神戸町の関係はわからない・・・・
このページを印刷   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2017年12月01日撮影 】

(1)

(2)

(3)下佐脇の廟碑(佐脇刀祢太夫の墓)

(4)写真をクリックすると拡大表示されます

(5)佐脇城跡

 (6)佐脇刀祢太夫邸(青津村城) の跡は、田原市神戸町にある

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ