諏訪神社のキンモクセイ・戦争遺跡の狛犬  豊川市諏訪西町二丁目205番 このページを印刷
諏訪神社の創建は明らかではないが、信州諏訪大社より勧請したという。 祭神は建御名方神、八坂刀売神で、例祭日は10月第3日曜日。
ここの狛犬は、口だけではなく、爪も、耳も、目も・・・真っ赤 
また、境内には海軍工廠の空爆を受けながら、現存する狛犬があり、神社の道路向かいには、豊川大空襲爆弾投下地 の石柱がある。

姫街道沿いの入り口には、2本のキンモクセイ(金木犀) の木があり、 10月下旬には金色の花が楽しめる。
東三河の神社  東三河の花めぐり  東三河の戦争遺跡 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2013年10月28日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)
境内には、戦争遺跡の狛犬がある 【 2020年1月27日撮影 】

(19)

(20)

(21)

(22)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ