御油神社     豊川市御油町膳ノ棚31番地 このページを印刷
御油神社は、文安元年(1444年) 9月26日、若一王子権現を祀ったのが始まりで、明治31年12月27日踊山神社から御油神社に改称したという。 伊弉册尊(いざなみのみこと)を祭神とし、例祭日は8月第1土・日曜日。 拝殿の右手には 青木神社 がある。
長~い石段を上って拝殿まで来ると、そこに鎮座している狛犬は普通とチョッと違う・・・・ 
一般的には、拝殿に向かって右側にある雄狛犬が玉を足元に置く「玉取り」と、左側にある雌狛犬が子供の狛犬をあやしている「子取り」で一対となっている。 ところが、ここの狛犬は雄狛犬が「子取り」、雌狛犬が玉を持ってる「玉取り」で普通と逆になっている・・・・
東三河の神社 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2015年09月24日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

 (7)

(8)

 (9)

(10)

 (11)

(12)

 (13)

(14)

 (15)

(16)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ